前へ
次へ

天気を100%操ることはできるのか?

青山の不動産投資と株式投資は、よく、異なった動きをするものだということをいわれます。それは、不動産を貸し付けている場合、不況になったとしても、家賃が急に下がるということは考えにくいからでしょう。一方で、株式会社の場合、不況になれば、株価が下がる上に配当金も期待できなくなります。この点で、ちがうということになるのでしょう。しかしながら、現在において、不動産はバブル期のように右肩上がりにあがっていくというものではありません。そのため、キャピタルゲインよりもインカムゲインによる運用に重きをおいた管理をしていかなければならなくなっていると思います。株式に投資するのか、青山の不動産に投資するのか、その判断をじっくり考えてみてください。

top用置換

top用置換2
Page Top